転職準備の進め方記事一覧

転職を決意する理由は様々です。また、転職活動を実際に始める時期も、在職中から転職活動を始める場合、退職してハローワークに通いながら転職活動をする、退職し、専門学校などに行きながら転職活動をするなど、様々です。転職の理由が何であっても転職活動を始める際は、自分の考えを明確にし、しっかり認識しておくことが必要です。自分がどのような仕事をしたいのか、そしてその理由は?自分の考えがしっかりしていれば、転職...

転職活動を始めるにあたっては、まず情報を収集する必要があります。情報を収集する代表的な方法としては、ハローワーク、転職情報誌、人材派遣会社、そしてインターネットなどかあります。いずれも転職活動をしていくのに必要な情報を得ることはできますが、最も便利なのはやはりインターネットでしょう。インターネットなら、自宅に居ながらにして膨大な数、種類の情報を調べることができます。希望の会社がすでに決まっている場...

転職する会社がすでに決まっているとき以外は、転職の候補となる会社を選び出す必要があります。自分の希望にあった会社を選び出すことが基本ですが、会社の状況も重要な選択要素となってきます。会社の事業規模をはじめ、事業の将来性、安定性、給与、福利厚生などです。中でも、会社の社訓、社風、経営方針などは、そうは変わるものではないので、しっかり調べておくことが大切です。今現在人気がある、伸びている、というよい面...

転職は何歳まで可能か、という問題はよく議論されますが、転職をするには仕事によって適した時期というものがあります。例えば、今まで経験のない新しい仕事に就きたい、資格や専門的な能力を身に付けたい、というような場合は、若ければ若いほど短期で習得することができ、仕事に活かせるになります。また、これまでの仕事で身に付けた技術やスキルといった、専門家としての自分の能力を活かし、より高い報酬の仕事に就きたいとい...

転職活動を始め、候補となる会社をいくつか選び出したら、次はその会社に送付する履歴書を作成します。履歴書には、自分のこれまでの職歴、実績やスキルなどを記入する職務履歴書と、主に自分のプロフィールを記入する履歴書の二種類があります。職務履歴書は自分の能力を会社にアピールするもので、これまでの職務の具体的な内容、実績や成果、資格などのスキルについて、時系列でわかりやすく簡潔に記入します。どのように書いて...

現在在職中で転職することを決めたら、退職に向けての活動に入ります。基本はよく言われているように、「円満退社」です。今の仕事や職場に不満があったり、人間関係がうまくいってなかったりしても、決してカドを立てることなく、退職するようにします。前の会社の評判が転職先の会社に伝わらないとも限りません。転職と同じように、退職も慎重に進めることが大切です。退職を決意したら、退職の二か月くらい前までに、直属の上司...

退職すると、それまでは会社が個人の代わりに実施していた手続きや、転職先が見つかるまでの様々な手続きを自分で行う必要があります。その主なものには、税金と保険があります。雇用保険退職してから次の転職先を探す場合、仕事に就いていない間は失業保険の給付を受けることができます。但し失業保険の給付を受けるためには条件があります。まず、失業中であること、そして退職する直前の一年間に被保険者でいる期間が六ヶ月以上...

職務履歴書は、自分の能力を会社にアピールするために、これまでの職歴、実績、スキルなどを記入するものでしたが、履歴書は、自分自身の情報を会社に伝える役目があります。企業側は、求職者の仕事に対する能力は職務履歴書で判断しますが、履歴書では、その会社を希望する動機やその人となりといった性格などを見極めます。転職する側が会社と自分の適性を判断するように、会社側も自社の企業風土との適合性、仕事との適合性を判...