面接時の注意点・留意点記事一覧

書類審査の結果選考に通ると、次は会社の採用担当者との面接となります。会社側に伝えることは、自分のスキルや実績、成功例などです。それを踏まえ、面接に対する心構えをしておきます。転職の場合は新卒採用とは異なり、即戦力が求められます。今現在、会社はどんな能力を必要としているのか、それに対して自分はどんなスキル、経験があり、どう応えることができるのかを中心にアピールすることになります。言葉巧みである必要は...

面接の当日は、気持ち、時間とも余裕をもってのぞむようにします。清潔感のある身だしなみ、髪型、服装、そして女性の場合は化粧にも気をつけます。アクセサリー、香水などは基本的につけていかないようにします。着飾る必要はなく、シンプルなスタイルを心がけるこどか基本です。面接会場には、少なくとも30分前には会場周辺に到着するようにします。30分前を目指していけば、余程のことがない限りは面接時間に遅れることはな...

面接でまず聞かれるのは、「なぜ転職しようと考えたか」です。回答のポイントは、積極性と前向きな姿勢です。自分のスキルを生かしたい、やってみたいことがある、そのためにこんな勉強をしてきました、といった理由です。決して前の会社のことや仕事のことを悪く言ってはいけません。悪口を言う人は、自分の会社のこともどこかで悪く言っているのではないか、と疑われます。次に聞かれるのは、「どんな仕事をこの会社でやりたいの...

企業が求職者の採否を判断する方法として、履歴書による書類選考、会社の採用担当者による面接、そして一般的な常識や知識、必要な専門的知識の有無を確認する筆記試験があります。筆記試験は一般常識の確認のほか、会社独自の適正を判断するための試験などもあり、職種や会社によって異なってきます。一般常識試験時事や政治、社会情勢に関する問題、一般教養などがあります。論文を採用している会社もあります。一般時様式に関し...

書類選考に通りこれから面接を受けるという時、他に希望していた転職先が決まった、更に魅力的な会社が見つかった、面接の日がどうしても都合が悪くなってしまうことがあります。このような場合は、面接の日を変更してもらったり、面接を辞退することになりますが、依頼の仕方、断り方には注意が必要です。なぜなら会社というのは、一見関係のない会社同志でも、取引があったり個人的な人脈があるからです。そのため、断るときにぞ...

求職の応募や面接などに際して、あらかじめ知っておいた方がよいことがあります。書類審査として送付した履歴書、職務履歴書は、採用にならなかった場合でも返却されることはありません。どうするのかというのは企業に一任されていますので一概にはいえませんが、個人情報ですから機密情報として管理、取り扱われています。何年かの保管後、廃棄(シュレッダー、焼却等)されることが多いようです。履歴書や職務履歴書には真実を正...