高齢になってからの不妊の原因と不妊治療のTOPに戻る

不妊治療を受ける前の検査

不妊になるには様々な原因があり、その原因に適した治療をする必要があります。 そこで、なかなか妊娠できない、不妊の兆候があるといった場合は、不妊治療に入る前に詳しく検査、診察を受ける必要があります。 ・・・
初診の場合は、問診をはじめとする、そのときの身体の状態を知るための調査が主になります。 検査に行くタイミングとしては、生理が終わってからすぐくらいが適切です。 ・問診 これまでの病歴といった・・・
初回の検査の結果をもとに、二回目からの検査はさらに詳細なものとなります。 女性の場合は初診の時と同じように、検査する項目は、男性の場合と比較して多岐に渡ります。 ・血液検査 排卵の有無を確認・・・
男性の検査の場合は、女性ほど検査項目は多くありません。 しかし不妊になる原因の半分は男性側にあると考えられているので、検査を受けるのは女性だけでなく、男性も検査を受け、原因を明確にする必要があり・・・
初診および二回目の検査の結果、精子の状態に異常があると判断された場合は、さらに詳しく精子の状態を検査することになります。 ・精液の精密検査 精子の動きを中心とした状態を知るため、精密な検査が行・・・
不妊の原因を調査する検査のひとつに、ヒューナーテストというものがあります。 性交後検査ともいわれ、性交した後の精子の子宮内での状態を調査する検査です。 この検査によって、子宮が受精しやすい状態にあ・・・
HSGとは子宮卵管造影とも呼ばれ、子宮、もしくは卵管に不妊の原因がないか、調査するための検査です。 X線で子宮と卵管の形状や状態などを確認します。X線をあてただけでは撮影できないため、造影剤を注・・・

カテゴリー「不妊治療を受ける前の検査」のトップへ↑