母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭となり世帯分離を選んだ場合のメリットデメリットとは?

離婚あるいは死別することで母子家庭となってしまった場合に、子育てをしながら仕事というのはなかなか大変なことです。 夫がいるならパートとかでも良いですが、わが子を養うためにある程度の稼ぎが必要となりどうしても正社員かそれに準じるような額を手に…

母子家庭となり世帯分離を選んだ場合のメリットデメリットとは?

離婚あるいは死別することで母子家庭となってしまった場合に、子育てをしながら仕事というのはなかなか大変なことです。 夫がいるならパートとかでも良いですが、わが子を養うためにある程度の稼ぎが必要となりどうしても正社員かそれに準じるような額を手に…

給付型奨学金を受けようした時、覚えておきたいデメリットについて解説

教育費は家計の中でも負担感が大きなものです。即座に効果を実感できる家電や日用品などと比べて、「どうやら子供の為にはなっているらしい」という至極曖昧なものでありながら、相当額の出費が求められます。 我が子の将来を思えばいくらでも出したい、と考…

ユーチューブの文字起こしはどこで仕事を探せる?収入はいくら見込める?

在宅ワークとして古くから人気のある「文字起こし」。最近では、テレビ以外にもユーチューブなどのさまざまな動画を配信・楽しめる手段が増えたため、ますます文字起こしの仕事に対する需要は高まっています。 そしてその中でも特に求人数が増えているのが、…

母子家庭で社会保険に入るといくら引かれる?加入した方がいい?

母子家庭で自らが主たる生計者、いわゆる世帯主として働いているシングルマザーの人の中には、経済的な苦しさを理由に、国民健康保険や国民年金の支払い免除や減額申請をしている人が多いことでしょう。 ただ、社会保険に加入することができるなら、したほう…

ドコモの子育て応援プログラム、二人目以降も使える?

58 ドコモの子育て応援プログラムの適応可能な子供の人数については、一契約で回線が一つにつき10人までの子供を対象に子育て応援プログラムの割引が対象になります。なので二人目の適応については余裕で適応してもらえます。 ただし注意してほしいのは、…

生活保護者受給者が就職すると祝い金はいくらもらえる?

生活保護の受給者が就職をする場合、就職のため衣服などが必要になったとき、その負担を国が肩代わりしてくれるのがお祝い金です。 国が実施している、生活保護を必要としている方が就職をした場合にもらえるの実際には支援金で、上限は3万2千円で就職をす…

都営住宅で家賃減免の条件が合えば、母子家庭は引越した方がいい?

あなたがもしも何らかの事情で母子家庭などになり、経済的に苦しくなった場合、まずは出費を見直す必要があります。 出費のうちで固定費として大きなものは、家賃、保険、自動車、通信、教育などが考えられます。 母子家庭になった場合、教育費用に関しては…

母子家庭など住民税非課税世帯への5万円給付、なぜずるいと言われる?

9月9日、政府は住民税非課税世帯を対象に1世帯5万円を給付する物価高騰対策を発表しました。 しかし、ネットではこれらのキーワードで検索すると「住民税非課税世帯はずるい」という言葉が出てきます。税金を支払わないのに国からお金がもらえる。でも税金…

ドコモの母子家庭、シングルマザー向けの子育てサポート割引のデメリット

ドコモの子育てサポート割引は、デメリットにおいては割引率が問題で、かなり制約が課せられているのが問題です。 たとえば、この割引は、電話を利用するというだけであれば、実はあまり恩恵を受けることができず、5分間で通話を終えるという人物であれば、…