外資系企業の特徴記事一覧

外資系企業とはどのような会社のことをいっているのか、特に決まった定義はありませんが、一般的な目安はあります。外資系企業とはその名が示すように、外国の企業の資本が入っている企業ということもできますが、必ずしもそれで全てを表していることにはなりません。一般に、外国に本社がある企業が日本に現地法人を作り、その現地法人の株式を外国の企業が保有している会社を外資系企業と呼んでいます。すなわち、会社は日本にあ...

日本の企業に転職をしようとする場合、多くの企業は年齢制限を設けています。それは、長期間の雇用を重視しているからと考えられます。転職者には即戦力は求めはするものの、同時に長期的な戦力としており、年齢が高い人は定年までの期間が短く、必然的に会社で働く期間も短くなり、会社にとっては採用しても、かかる人件費に対して会社の利益が低い、となってしまうからです。そのため、年齢制限は一般的には30歳代が多くみられ...

外資系の企業というと、以前はマイクロソフトなどに代表されるようなIT関係がよく知られていましたが、2000年前後から国内の企業の中でもIT関係の会社が増加し、IT関係イコール外資系という図式は、必ずしもあてはまるものではなくなりました。しかし、グローバルにビジネスを展開しているという点で、依然として外資系のIT企業には国内企業にはない特徴があり、IT関係の仕事をしたい転職者、グローバルに仕事をした...

新卒で就職活動をしているに人気が高いのは、自動車産業や銀行などの安定した大企業や有名企業、旧財閥系を始めとする老舗企業、マスコミなどですが、転職となると、会社生活を経験して視野が広がり、実力や能力もついてくるので、新卒とはかなり異なった状況になっているといえます。また、年功序列や定期昇給といった日本企業に特有とされている企業体質に、違和感を感じる人も少なくありません。そういった人が転職を考えるとき...

転職であっても新卒であっても、日本の企業に対して充実しているといえるのが社内教育制度です。日本の企業でも、新入社員に対してはカリキュラムを組んで教育を実施しているところは沢山ありますが、転職者に対しても同じように教育が充実している日本の企業は多くはありません。それに対して外資系の企業では、転職者にとっても非常に充実した教育を受けることができるようになっていることはほとんどです。これは、外資系の企業...