日本の企業に転職をしようとする場合、多くの企業は年齢制限を設けています。それは、長期間の雇用を重視しているからと考えられます。

 

転職者には即戦力は求めはするものの、同時に長期的な戦力としており、年齢が高い人は定年までの期間が短く、必然的に会社で働く期間も短くなり、会社にとっては採用しても、かかる人件費に対して会社の利益が低い、となってしまうからです。

 

そのため、年齢制限は一般的には30歳代が多くみられ、高くても40歳代、人気の|丁関係の中には20歳代という企業もあります。

 

まれに、管理職や支店長クラスとして、40歳代が年齢制限になっている転職者の募集もありますが、競争は激しく、社会的にもある程度認知されていることが必要なこともあります。

 

その点、外資系の企業が転職者を募集するときは、転職希望者に対して、より現在の能力に重点をおく傾向が強いといえます。今、会社のために何ができるのかを重視しているのです。

 

一般的に転職者の募集をする主な理由としては、緊急に問題を解決したい、ある事業を起こしたいが適任者がいない、事業を拡大したい、といったものがありますが、そういう分野での経験があるだけではなく、実行能力を強く求めるのが外資系の企業です。

 

そのため年齢は、多くの外資系の企業にとって、それほど大きな判断材料とはなりません。20歳代でも、実力があれば高いポジションとして採用されるケースもあり、40歳代でも、年齢を理由に断られるケースは少ないといわれています。