外資系の企業の選び方記事一覧

海外型というのは、外資系の企業の最も特徴となるタイプで、社内に様々な国籍を持つ社員がおり、仕事上の共通語は全て英語、もしくは本国の言語に準じた言語、仕事は、海外とのやりとりや取り引きが多く、海外出張も頻繁にある、といったようなことがあります。また、役員以上に外国人が多い、リストラや配置転換も日常的という点も、海外型の特徴です。最近は、株主利益を重視することが日本でも取り上げられることが増えてきまし...

転職に際しては、外資系の企業だけでなく日本の企業でも、基本的には実力と経験が重要視されています。実力や経験がなければ、即戦力が欲しい企業にとっても採用する理由がないわけで、そこが新卒の採用とは大きく異なるところです。しかし転職に失敗しないためには、相応の実力や経験があることは基本ですが、その力が募集しようとしている企業とって、必要としている力・経験でなくては意味がありません。たとえば、機械設計の実...

外資系の企業に転職する場合には、将来性についてもよく理解しておく必要があります、それは、リストラを避ける、あるいは一定の覚悟を決めておくためです。日本の企業でも、市場縮小や吸収合併などでリストラされたり会社自体がなくなってしまうことはありますが、外資系の企業では母体が外国にあり、会社の存続に影響を与える要因がより多くなるため、その傾向は日本の企業より強いということがあるからです。すなわち、本社があ...

日本にある外資系の企業は、海外型、日本型、そしてトップだけが外国人、というように、大きく3つの種類に分類することができます。海外型、日本型、そしてトップだけが外国人の企業のうち、どの種類を選択するかは、自分が外資系の企業に対して、何を強く望んでいるかで決まります。語学が堪能で、将来的に海外で働きたい、海外でビジネスを展開したい、グローバルに働きたい、といったことを重視するなら、海外型が最適といえま...

外資系の企業への転職に成功するためには、会社を選択する上で、企業の規模を考慮する必要があります。日本の企業に新卒で就職する場合、規模の大きい、いわゆる大企業を選んでおけば、募集人員が多くて職種も幅広く、入り口は広い、中小企業は職種も限られていて募集人数も少ない、というイメージがありますが、外資系の企業も同じことがあてはまります。外資系の企業の本体は海外にあり、特に欧米の企業ともなれば買収等は日常茶...

外資系の企業の代表とも言えるのが、IT関連企業です。IT関連企業は、以前はマイクロソフトが最も人気が高い企業のひとつでしたが、今ではアップルやグーグル、フェイスブック、アマゾンなどの人気が上回り、企業のイメージ戦略もあって、完全に逆転しているような状況です。IT関連は海外でも企業の盛衰が激しく、今現在人気があり、業績が安定している企業でも、数年先にはライバルに先を越されている可能性もあります。ファ...