海外型というのは、外資系の企業の最も特徴となるタイプで、社内に様々な国籍を持つ社員がおり、仕事上の共通語は全て英語、もしくは本国の言語に準じた言語、仕事は、海外とのやりとりや取り引きが多く、海外出張も頻繁にある、といったようなことがあります。

 

また、役員以上に外国人が多い、リストラや配置転換も日常的という点も、海外型の特徴です。

 

最近は、株主利益を重視することが日本でも取り上げられることが増えてきましたが、外資系の、特に海外型では、その傾向が強いといえます。

 

それに対し、日本型というのは、トップ゚を含む社員のほとんどが日本人で、仕事で使われる言語は日本語、仕事の対象は日本国内にとどまっている、といったことがあります。中には日本の企業とほとんど変わらない、という外資系の企業もあります。

 

最近は、海外型と日本型をミックスしたような企業も増えてきましたが、細部を除けばこの二つの種類に分けることができます。

 

外資系の企業に転職を考える場合、まず、自分はどちらの種類を求めているのか、明確にする必要があります。

 

実力を発揮したい、能力を試したい、グローバルに仕事をしたい、といった希望がある場合は、海外型の企業を選ぶ必要があります。日本型でも能力主義を採用している企業もありますが、グローバルに仕事をしたいという場合は、日本型は向いているとはいえません。

 

外資系の企業への転職に失敗しないためには、こういった種類の違いを確認することが非常に重要となってきます。