日本にある外資系の企業は、海外型、日本型、そしてトップだけが外国人、というように、大きく3つの種類に分類することができます。

 

海外型、日本型、そしてトップだけが外国人の企業のうち、どの種類を選択するかは、自分が外資系の企業に対して、何を強く望んでいるかで決まります。

 

語学が堪能で、将来的に海外で働きたい、海外でビジネスを展開したい、グローバルに働きたい、といったことを重視するなら、海外型が最適といえます。

 

実力主義の中で自分の実力を試したい、伸ばしたい、というときも、海外型が適しています。

 

外資系の企業に転職したいが、語学はあまり得意ではない、日本人と仕事がしたい、という場合は、トップが外国人である種類が合っているといえます。

 

社内では外国語を使う必要も多いので、将来的には海外型の企業で働きたい場合に、外資系という企業になれるためのステップとしても、この種類は適しています。

 

日本型を選ぶのは、日本の企業で働きたいが経営の安定度という面からは、外資が入っている方が安心、といった理由があります。

 

外資が入っていることによって、簡単には破たんしたりM&Aされたりしないという安心感はありますが、業績が悪くなれば、逆にそういう可能性が高まるという側面があります。

 

外資系の企業への転職に失敗しないためには、このような種類による違いをしっかり理解しておくことが大切です。