転職に際しては、外資系の企業だけでなく日本の企業でも、基本的には実力と経験が重要視されています。実力や経験がなければ、即戦力が欲しい企業にとっても採用する理由がないわけで、そこが新卒の採用とは大きく異なるところです。

 

しかし転職に失敗しないためには、相応の実力や経験があることは基本ですが、その力が募集しようとしている企業とって、必要としている力・経験でなくては意味がありません。

 

たとえば、機械設計の実力や経験があったとしても、その実力は証券会社では必要とされない能力となってしまいます。 外資系の企業への転職も全く同じで、これまでの経験や実力を生かすことができる企業以外は、転職は困難と考えなくてはなりません。

 

但し、マネジメントクラスや役員クラスの人材募集となれば組織運営という能力をみるので、必ずしも経験のある分野しか転職できないということはありません。 逆に、全く違う分野からの転職というパターンも少なくありません。

 

このほかに外資系特有といえるのが、積極性やパーソナリティーも募集する人材として重視していることがあげられます。

 

積極性というのは仕事に対する熱意であり、パーソナリティーというのは社交性や人格といったことで、そういう点でも企業にとって適正な人材かどうかを判断するのです。

 

また、健康であるかどうかということも重要な要素です。

 

外資系の企業での仕事は、色々な意味において日本の企業よりもかなりハードです。そのため、健康であることが仕事を続けていくためには必要不可欠といえます。 また企業としても、採用した人材がすぐに倒れてしまうようであれば、重大な損失となるからです。