母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭で生活保護を受ける人は増えてきています

母親だけの収入では生活が困難であるという理由から、母子家庭の場合は生活保護を受けることができます。

生活保護とは、国が定めている最低生活費を下回っている人に対し、足りない分を経済的に補助してくれる制度のことをいいます。

もちろん、働けない理由がないのに働かないという状況では、生活保護を受けることはできません。自分が働いても最低限の生活がどうしてもできない、という場合にのみ適応される制度です。

生活保護の申請をすると、制度が適用される条件を満たしているかどうか、厳しくチェックされます。資産や貯金があったり、収入が多かったりすると、生活保護を受けることはできません。

そのため、生活保護を受けるのは、本当に困ったときの最終手段だと言えるでしょう。

実際に生活保護を受けている母子家庭もありますが、できることは最低限の生活をするためにやる必要があります。行政をすぐに頼ることはできません。

仕事をする以外では、もし資産価値があるものを有している場合は、それらを処分する必要があります。生活費にあてるために処分するのです。

また、援助してくれる人が身内にいる場合は生活保護を受けることはできません。

たとえば、養育費などを離婚した夫からもらえる可能性がある場合、養育費は収入としてカウントされるため、生活保護を受けることはできないのです。

また、利用できる制度が生活保護以外にある場合には、そちらを優先して利用しなければなりません。具体的には、児童手当や児童扶養手当など、生活保護以外の制度を、母子家庭の場合は利用することになります。

生活保護を受けるためには、ご自身のプライバシーに踏み込んだ話もしなければなりません。

きちんと自分の生活環境を相談し、条件に適合すれば、生活保護を受けることができますので、必要なことはすべて正直に話ましょう。

長引く不況の影響もあり、年々生活保護を受ける人の数は増えており、それは母子家庭世帯も例外ではありません。生活のため、子供のため、本当に必要になった時は、早く生活保護の申請をしましょう。早く申請すれば早く補助を受けられますから。