母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭の再婚は、子供のことをよく考えて

母子家庭になると、子供に対する躾が厳しくなりがちです。父親がいれば、子供に対する役割分担が生まれ、子供の精神も安定します。そのため、条件さえ許せぱですが、再婚を考えてみるのも大切です。

離婚する夫婦は年々増加しています。離婚をするときに子供を引き取ることを決断した場合、母子家庭となり、母親一人で家庭を支えていかなくてはなりません。仕事をしながら子育てもする、その両立を目指して毎日忙しく働くことになります。 

子供を引き取っても、母子家庭になったこと対して、子供に申し訳なく思う母親も少なくないと聞きます。それでもなんとかして子供を育てあげ、高校、大学まで行かせる人も大勢います。

母子家庭になってすぐは、自分と子供が生活することだけで精いっぱいですが、仕事と子育てのバランスがとれ、気持ちに余裕も持てるようになると、再婚を考える人も少なくありません。

それは自分のためというより、子供にとって父親がいる方がよいと考えるからです。

母子家庭の間はどうしても躾が厳しくなりがちですが、父親がいることで子供に対する役割分担のようなものが産まれ、子供の精神も安定するのです。また、経済的な面でも、父親の収入というのは大きな安定となります。

このように母子家庭の場合の再婚は、子供を中心に考えなくてはならない大きな問題です。母親と父親の気持ちが合うだけでは不十分といえるでしょう。再婚をして、この先安定した家庭を築いていくには、父親と子供との関係が非常に重要です。

具体的には、まず相手の方には、子供のことを理解してもらわなくてはなりません。またその逆もあり、子供から信頼されなくてはなりません。

父親になってくれる人のこともよく見極めが必要です。 

新しい父親との間に子供を授かることもあるでしょう。そのような場合でも、新しい子供と同じように、前夫との子供も変わりなく可愛がってくれる人を見つけなくてはなりません。

子持ちは再婚に不利、と思っている人は多いのですが、現実には、必ずしもそうだとは言い切れません。ただ、再婚は子供のことをよく考えて決めることが一番重要です。

また、再婚してもまた離婚してしまうのではないかと不安な気持ちになって、なかなか再婚に踏み切れない人もいます。 でも子供にとって、やはり父親は必要な存在です。

無理に妥協して再婚することは避けるべきですが、前向きな気持ちは持ち続けることが大切です。