母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭になったら住む所をどうするか?

母子家庭になると、多くの場合まず最初にしなくてはならないのは住む場所の決定です。

離婚で母子家庭となる場合、どちらかが家を出て行かなくてはなりません。もし家に残ったとしても、賃貸の場合は家賃が高かったり、持ち家の場合はローンが残っていることなどが問題となってきます。そのため、それまで住んでいた住居に住み続けることができず、自分の収入に合った家を探す必要がでてきます。

中には実家に帰る人もいますが、半数以上の人が賃貸住宅に住んでいると考えられています。賃貸住宅の中でも公営住宅は賃料が安いので人気はありますが、抽選の倍率が高くてなかなか住むことができない、というのが現状です。

賃貸住宅を借りる場合の条件は、安定した収入があること、保証人がいること、の2つです。

母子家庭になると、その両方とも困難というケースは少なくありません。そのため、住居の確保も困難になってきます。

母子家庭の場合には、まずきちんとした定職を見つけることが必要になってきます。賃貸住宅が借りられる条件が揃えば、ほとんどの方が問題なく借りることができます。

ただし実際に家を借りる時には、家賃以外にも色々の費用が必要となってくることは覚えておかなくてはなりません。

初期費用は住居地域によってかなり差がありますが、おおむね敷金・礼金のほか、不動産屋への手数料・保険代、引越し代金などが必要となります。これだけの費用を支払えるだけの蓄えを持っていなければなりません。

不動産屋に行くと、最近では、シングルマザーや母子家庭の方向けの特集が組まれていることがあります。これらの物件は、値段も安く、部屋数も確保されていることが特徴です。こういう物件を見つけたら、管理する不動産屋に相談に行ってみることをおすすめします。