母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭が子育てしながら働きやすいパート、どんな仕事がある?

母子家庭が子育てしながら働けるところは、軽作業のパートの仕事です。

軽作業は体力があまりいらず、コミュニケーション能力も必要としない場面が多いため、働きやすいです。

仕分けや掃除などの短い時間で仕事が出来るものが多く、母子家庭でも子育てをしながら働けます。

他にも短い期間で働くという意味でおすすめな仕事としては、イベントスタッフもあります。

バレンタインやお祭りイベントに携わる仕事は1日だけが多いです。1日だけなら、友達やどこかに子供を預けることが出来れば、働けます。

子供へのリスクや体力のリスクが少ない分、イベントスタッフのパートの仕事はしやすいと言えるでしょう。

また上記以外に、事務のパートの仕事も母子家庭におすすめです。

事務は、正社員と同じようにパートの求人も多いのが特徴になります。正社員と違って責任能力は若干少なめで、子育てという融通も利きやすいです。

昼間がメインの仕事なので、朝と夕方は子供と一緒にいることが出来ます。

昼間は子供を保育園や幼稚園に通わせて、昼間、母子家庭の方はパートで事務の仕事をします。会社によっては、電話応対だけのところや書類作成のところだけのところもあります。

体力があまりない人でも、体を使わないため長時間働きやすいです。冷房や暖房もあるため、体を冷やしすぎたり火照りすぎたりすることもありません。

母子家庭の方におすすめな仕事は、主に体力を使う仕事よりもデスク周りの仕事がいいのではないでしょうか。

子育て中は、突然子供に何かあったときずっと面倒を見ていなければいけません。そのため、夜中や夕方でも体力は残した方が望ましいですよね。

電話応対やパソコンを使う仕事、あるいは体をあまり動かさない仕事が向いています。

ただ、パートで働く分勤務時間は短くなるため、給料の高いところをなるべく選びましょう。

平日日中パートで働く事務は、会社によって待遇や給料もいいです。またスケジュールを組みやすいところや、時間のシフトを自由に選べるところなら環境が整っています。

会社側がシフトを組む場合、会社側の都合に合わせて時間が決められてしまいます。

そこで、パートの働き方で失敗しないためには、パート専門の求人から探すのが賢明でしょう。パート求人の仕事を探している人は、自分の時間やスケジュールあるいは働き方にこだわりがあるからです。

求人サイトによっては、母子家庭の仕事先の相談もしてくれるところがあります。

インターネットから求人を探す、あるいはタウンワークを利用して相談しながら探すのが時間もかからず、おすすめです。