母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

無職の母子家庭でも賃貸住宅を借りれる?

賃貸物件を借りる際に必ず必要なのは、家賃を支払えるかどうかの審査です。母子家庭の場合は通常よりも審査のハードルが高く、さらに無職だなんて不安しかないのではないでしょうか。

実は。母子家庭で無職でも賃貸物件を借りれるんです。

この記事では、無職の母子家庭でも賃貸物件を借りる方法について紹介します。専業主婦で離婚してしまって無職の母子家庭になってしまったと悲観している方、安心してください。この記事を参考にして、新しい住まいを手に入れましょう。

賃貸の審査で重要なのは、毎月の家賃を支払えるかどうかです。

母子家庭であっても定職についていたり、働いている親族が保証人になってくれるのであれば、ファミリーや単身と変わらず問題なく借りられます。

では無職の場合はどうでしょうか?

無職の場合は毎月の家賃支払いができない可能性があるため、簡単に賃貸を借りることはできません。

上述した通り、働いている親族に保証人になってもらうことができれば審査に通りやすくなります。

他にもしっかりとした金額の入った通帳のコピーを提出したり、母子家庭手当や元夫からの養育費が振り込まれている証拠を見せるのもコツです。

保証人になってくれる代理企業の審査に通っていれば賃貸側の審査に通る可能性もあるので、一度駄目元で不動産屋に問い合わせてみると良いでしょう。

また母子家庭手当が入っていれば定期的に収入があると見なされるので、きちんと説明すると審査に通る可能性がアップします。

無職で生活保護を受けている母子家庭の場合は、物件によって審査に通りやすくなる場合もあります。

生活保護も母子家庭手当と同じで確実な収入と見なされる場合もあるので、母子家庭だから、無職だから、生活保護だからと諦めず、不動産屋に問い合わせるのがおすすめです。

また自治体により異なりますが、住宅手当家賃補助がもらえる場合もあります。

引越しに関するお金もサポートしてもらえる自治体もありますので、まずは自分が住みたい自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

母子家庭の場合はファミリーや単身に比べて審査が厳しくなるケースがほとんどですが
住宅手当など手厚いサポートを受けられる特権もあります。

自治体や不動産に問い合わせることで知れる情報もありますので、引越しをご検討中の方は問い合わせてみましょう。

必殺技として、名義を自分ではない親族にする方法もあります。

両親や兄弟姉妹に頼んで自分の代わりに賃貸を契約してもらえれば、スムーズに進むでしょう。

ただしこの場合、両親が定年していたり兄弟姉妹が無職の場合は難しいので、注意が必要です。