母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭が受けられる高校入学費用の支援制度

義務教育は中学校までですが、今や高校・大学進学は当たり前となっています。とはいえ、金額も上がり母子家庭だと負担が大きいでしょう。

経済的な理由で我が子の進学をあきらめさせたくない。それならいろいろと調べてみてください。手助けしてくれる制度はきちんとあります。

大学・専門学校については「高等教育無償化」となり、授業料が減免されることとなりました。高校も、公立高校の授業料は実質無償化されています。

でもより負担の大きい私立高校は、こちらも「私立高校授業料実質無償化」が令和2年4月より始まっているのです。母子家庭だからと諦めなくても大丈夫、選択肢は広がっています。

ただし私立高校って何かとお金がかかりやはり負担は大きいのです。国の手助けだけだと不十分、自治体の支援制度も調べてみる必要があるでしょう。

公立高校だと授業料は毎月1万円以下、とはいえ制服や教科書購入で10万円から20万円は高校入学費用として貯めておかねばなりません。修学旅行積立金にPTA会費、毎月のようにお金は飛んでいきます。

中学校の次は高校、分かっていても経済的にギリギリの暮らしをする母子家庭で計画的にある程度の金額を貯めていくのはかなり大変です。

そして私立、入学金に制服と30万円以上と跳ね上がります。

施設費に授業料、こちらは高校入学費用が70万から100万円と公立高校の5倍以上となるのです。これだけの額を捻出できるでしょうか。

公立に進学できればいいですが、入試がうまくいくとは限りません。どうしても学びたいことがあるという子供を、お金がないからと夢を諦めさせるのも心苦しいです。

母子家庭に限らずお金がないというお宅は、「高等学校等就学支援金」「高校生奨学給付金」という2種類の支援が国から受けられます。学校を通じて手続きすることに、学校から書類を渡されるのでご覧になってみてください。

都道府県では国の就学支援金に上乗せといった形でそれぞれ独自の支援が行われています。詳しくは自治体のホームページを見るか尋ねてみることです。

母子家庭父子家庭特化型の借り入れ制度、「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」も、子どもが連帯貸受人となるので子供に返済の義務は生じますが、無利子で借りられるのはありがたいでしょう。高校時代に返済する必要はありません。

特に大きなお金がかかる入学時に助けとなるのは「就学支度資金」、授業料や書籍代や交通費費用として借りられる「修学資金」ととにかくいろいろです。

母子家庭だと苦しい生活はずっと続いていくはずで、「ひとり親家庭支援奨学金制度」にすれば返還不要となります。