母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭でも簡単に始めらる在宅ライターの魅力

1 在宅ライターとは

まだ子供が小さいと、正社員やアルバイトなど長時間家を空けて子供を一人にすることは難しいですよね。特に母子家庭では、子供の面倒を見るのも仕事をして生活費を稼ぐのも母親が一人でしなければならないので、とても大変でしょう。

特別なスキルや資格などを持っていなければ収入を得るのは難しい、と諦めている方も多いかもしれません。

そんな方々に、在宅でスキルや資格がなくても簡単に始められるウェブライターのお仕事をオススメします。

2 ウェブライターとは

ウェブライターとは、インターネット上に存在する文字を使用したコンテンツを作成するお仕事のことです。

記事以外にも、Youtubeの台本作成など、ウェブライターが介在するメディアはたくさんあります。そのため求人も多く、社会から求められているお仕事です。

さらに、必要なスキルは日本語を書くことが出来ることだけなので、特別な能力や資格も必要ありません。

初期費用もパソコンが1台あればすぐに始められるので、在宅ワーカーに非常に人気のお仕事となっています。

3 ウェブライターの魅力①仕事が探しやすい

前述のとおり、ウェブライターのお仕事は非常にたくさんあるので、今からウェブライターを始めたとしてもお仕事はたくさん存在しています。

経験の浅いうちは、単価の安い仕事を受けなければならないこともあるかもしれませんが、それでも月に数万円稼ぐくらいはすぐに達成できるはずです。

お仕事を探す際は、クラウドソーシングサイトを使用するのがオススメです。有名なサイトでいうとクラウドワークスやランサーズなどです。

ライター業以外のお仕事もたくさんあるので、興味があるものからどんどん応募していくのが良いかと思います。

始めのうちは実績を積み、サイト内での信頼を貯めていくことが重要になります。信頼が高まってくると、求人者のほうからスカウトされるなんてこともあります。

4 ウェブライターの魅力②即金性が高い

ウェブライターのお仕事の魅力の2つ目に即金性が高いことが挙げられます。

例えば同じ書く仕事で、在宅でも可能なものとしてブログがよく話題に上がりますが、ブログは収入になるまでに非常に時間がかかります。

よく聞く話では、半年から1年くらいは月に1000円いくかいかないか、なんてこともざらにあるようです。その上、サーバー代などの費用もかかります。

反面ウェブライターは、初期費用もほとんどかかりませんし、始めたその日から仕事をやった分だけ収入が発生します。

4 まとめ

以上のことから、ウェブライターは簡単に始められて即金性も高く特別なスキルや資格も必要としないため、家を空けることが出来なかったり子育てで時間がない母子家庭の方が取り組むのに最適なお仕事と言えるのではないでしょうか。