母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭でも安心な専用住宅についてご紹介

ひとりで子育てをしていくのは不安、近くに同じような母子家庭の方がいたら安心、そう思われている母子家庭の方は母子家庭の専用住宅についてご存知でしょうか。

そもそも母子家庭の専用住宅があることを知らなかった、という方の方が多いのではないでしょうか。

ここでは、母子家庭の専用住宅についてご紹介していきます。

まず、母子家庭の専用住宅はどんなものがあるのかです。

母子家庭の専用住宅には、母子ハウスと呼ばれる母子家庭専用のシェアハウスがあります。シェアハウスなら同じ悩みを抱えている方々と一緒に暮らすことができますので、悩みを共有できるなどのメリットがあります。

しかし一方で、シェアハウスはプライバシーの面で気になるという方や、他の人と一緒に暮らすのは苦手だから親子だけで暮らしたい、という方もいらっしゃると思います。

そのような方には、母子家庭用の一般の賃貸物件もありますので安心してください。

ではどのような方がこの母子家庭の専用住宅を運営しているのでしょうか。

この母子家庭専用のシェアハウスなどの母子家庭の専用住宅を運営しているのは、ひとり親家庭向けの居住支援をしている団体「全国ひとり親居住支援機構」です。

この全国ひとり親居住支援機構は、全国の母子ハウスを運営する事業者の集まりで、母子家庭の住宅確保を支援する活動を行っています。

母子家庭で住居を確保できない時、色々な問題があります。

1つ目は、住所がなければ子どもを保育園に預けることができないという点。

2つ目は、子どもを保育園に預けることができなければ仕事ができないという点。

3つ目は、仕事ができなければ住居を持つことができません。

住居を確保できないと、このようなジレンマに直面してしまう可能性が極めて高くなります。

このようなのジレンマに母子家庭の方たちが直面しない様に支援するのが、全国ひとり親居住支援機構なのです。

住居を持つことは、母子家庭が子育てと仕事を両立するために必要なことです。また居住する住居をきちんと確保できることが、母子家庭が自立する為の第一歩です。

この全国ひとり親居住支援機構は、マザーポートという母子ハウスや賃貸物件を検索するサイトも運営しています。

マザーポートでは、全国の母子ハウスや母子家庭用の賃貸物件を検索することができるようになっていますので、現在母子家庭の専用住宅をお探しの方は一度このマザーポートのサイトを検索してみてください。

母子家庭でも安心して暮らせる住居が見つかるかもしません。ぜひ参考になさってください。