母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭が正社員でも家で出来る仕事は何がある?

家で出来る仕事というと「内職」や「副業」といったイメージが強く、正社員の仕事はあまり思いつかないのではないでしょうか。

母子家庭であっても正社員で働きたい、でも家で出来る仕事があれば助かる、という方は多いですよね。

これまでは、いわゆるオフィスワークに従事する正社員はオフィスに出社して働くというのが常識でした。しかし、新型感染症後、テレワーク、リモートワークという言葉が一般化し、たとえ正社員であっても出社せず、家で仕事をすることが珍しいことではなくなりました。

では正社員でありながら、家で出来る仕事というのはどのような業種や職種なのでしょうか。

家で仕事が出来る正社員を募集している業種は、「IT業」「金融・保険業」が多いです。このあたりはイメージ通りかもしれません。

では、職種でみるとどうでしょう。

IT業界の場合では、プログラマー、SE、Webデザイナーといったエンジニア職が多くなっています。IT業界はネット環境があればどこでも仕事ができるので、完全在宅でも仕事することが可能です。実際求人サイトでも、出社なしのフルリモートとなっている正社員求人は、IT関連の職種が非常に多くみられます。

母子家庭の方で未経験であっても、家で出来る仕事をする正社員になれるチャンスも多いと言えます。

また、IT・金融業界に比べるとまだまだ数は少な目ではありますが、その他の業種で正社員として家で出来る仕事の職種としては、

1.営業・カスタマーサポート
2.人事、総務、経理などのバックオフィス業務

などが挙げられます。それぞれ詳しく見てみましょう。

1.営業・カスタマーサポート 

自社の製品やサービスをセールスをする営業や、お客様対応をするカスタマーサポートといった仕事もリモートで繋がれば出社しなくても在宅でできるようになりました。

ただし、取り扱う商品やサービスによっては、直接取引先に出向いたりお客様のところに行かなければならない場合があるので、母子家庭ので完全在宅を希望するのであれば、事前の確認や取り交わしが必要です。

2.人事、総務、経理などのバックオフィス業務

人事は求人や採用、社員の教育、個人評価など人材の管理をします。いまやリモートで面接、面談を行うことも普通になりました。その他、総務、経理といった仕事も在宅で行っている会社もあります。

家で出来る仕事としてパソコンや電話だけで済むのであれば、正社員でも勤務か可能でしょう。

経理や総務も内容によっては、在宅でできる仕事とできない仕事があります。紙の書類を取り扱うことも多いため、「週に2日か3日は出社」など、会社や部署によって出社しなければならない日がある場合が多いようです。

ネットのおかげで、母子家庭でも正社員として家で出来る仕事は探せば色々あるので、頑張って探してみましょう。