母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

母子家庭の教育ローンは厚生労働省の融資制度がおすすめ

ここでは母子家庭の方で、お金に悩んでいる人のためにおすすめしたい制度をご紹介したいと思います。

教育ローンを組んでいるけど、働き口が無くなり収入が入ってこなくなってしまった、また低収入でローン返済が間に合わない等の困っている母子家庭、父子家庭、寡婦は少なくないと思います。

厚生労働省には、公的な融資制度の「母子寡婦福祉資金貸付金」という制度があります。

これは、母子家庭、父子家庭、寡婦の方で、収入が無い、または低収入(年間160万以下の収入)の方が受けれる制度になります。

受けれる資金の種類は、全部で12種類あります。

その内子供の教育費等で悩まれている方におすすめする資金の種類を紹介しましょう。

・修学資金
高校〜大学、専門学校等で扱う資金(授業料、書籍費、交通費)等の資金

・就職支度資金
就職するために必要なものの購入品にあてる資金。(自動車、スーツなどの被服類)

・就学支度資金
就学、修業するために必要なものの購入品にあてる資金。(被服類等)

上記がおすすめする資金の種類となります。

お子さんがまだまだ小さい場合等は生活資金の援助を受けるのもいいと思います。成長するにつれてかかるお金も増えていくので、早い段階からの支援を受けた方がいいと思います。

この制度を受けるにはいくつか条件があり、育てているお子さんが20歳未満である事、配偶者がいない事が条件となってきます。

また普通に生活出来る水準の収入がある家庭は、この制度を受けられない可能性もあるので注意が必要となります。

公的な制度なので、様々な条件下をクリアしないと行けませんが、先に上げた条件さえ抑えていれば問題は無いかと思います。

また貸付金の為に、貸付の上限額や、返済期限もあります。なので教育ローンを払いながらその後の事を考える必要があります。

貸付金の上限額は資金の種類で変わってきます。

修学資金
高校で月額52,500円〜115,000円
大学で月額96,000円〜146,000円
専門学校で3年なら月額52,500円、4〜5年で月額90,000円〜115,000円となります。

就職支度資金
一般で月額100,000円
特別で自動車購入品等で330,000円

就学支度資金
小学校で40,600円〜64,300円
中学校で47,400円〜81,000円
国公立高校等で160,000円
修業施設で100,000円〜282,000円
私立高校等で420,000円
国公立大学、短大、大学院等で380,000円〜420,000円
私立大学、短大等で590,000円

となります。

教育ローンをお考えの方は、民間のローン会社より、こういった公的の制度に頼ることでローン返済することをおすすめ致します。