母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

ドコモの母子家庭、シングルマザー向けの子育てサポート割引のデメリット

ドコモの子育てサポート割引は、デメリットにおいては割引率が問題で、かなり制約が課せられているのが問題です。

たとえば、この割引は、電話を利用するというだけであれば、実はあまり恩恵を受けることができず、5分間で通話を終えるという人物であれば、かけ放題というプランは不要で割引率は、おおよそ5分限定のプランであれば、500円に過ぎません。

このプランは、携帯料金を割引するというものなので、実はドコモで販売している端末本体の割引は不可能です。そして、最大の割引率も月の使用量の合計から1980円を各々の世帯の子供から差し引きするというもので、差し引きするサービスの利用端末も一つです。

一人一回線しか子育てサポート割引の対象にならないため、スマートフォンを2つ持っていてかつ二つとも異なる連絡先という場合、どちらか片方しか割引適応しません。

つまり、このサービスはあくまで利用者は一つの回線を所有しているとみなしていて2つの回線を所有しているとは見てないです。なので、2つの回線を持ち二つの端末で連絡を取り合っている家庭はどちらか片方しか割引適応できないというデメリットが生まれるのです。

では、そんな家庭存在するのか?という問題ですが、存在していて、一つ目のスマホは、自分のプライベート用で、もう一つは過程でのやり取りで使用するスマートフォンに分けている家庭もあり、塾などに通う人物であれば、もしもの時に備えて連絡用のスマートフォンを2つ持っていることがあります。

そして、このドコモの子育てサポートの割引の最大のデメリットとみてよいのは、パケットの割引はかなり消極的だという点です。

5ギガプランに加入してもそこから最大1100円しか割引をしない上、ドコモ自体がスマートフォンパケット通信の価格がそれほど安くないため、子育てサポート割引にて1100円のパケット代の割引を受けてもそれほど安くないのです。

なぜなら、5ギガホであれば、一応4400円から無制限なんですが、この無制限、完全に無制限ではなく、60ギガを超えるとものすごく通信制限が入りますのでそこに1100円割引をした場合、3300円になりますが他の会社のプランであれば、楽天モバイルのほうが実は、子育てサポート割引を受けた価格より100円ほど安かったりします。

なので、子育てサポート割引を利用するために証明書をそろえてそれらをドコモに提示して承認されるのを待つよりも、普通に楽天モバイルで各々が契約したほうが安かったりします。

しかもドコモのギガホはほかのオプションを組み込んでいけば、4400円の値段になるというものなので、言い方が悪いのですが、オプションを使用すること前提で割引になるため、4400円で利用するとなるとオプションを組み込む必要があります。

一応、オプションを組み込めばその価格になりオプション代金も安くなるという利点があるんですが、ドコモ光に加入してないといけないなどの制約を考えた場合、制約が存在せずに初めから3300円当たりでスマートフォンの利用ができる楽天モバイルのほうが最終的にお得では、となるのです。

特にドコモのギガホは、ドコモ光割引を適応させる場合、ファミリー内でドコモ光に加入しないといけないので、ドコモ光割引を適応させたとしてもドコモ光という高速インターネット通信に加入しなければなりません。

だったら、そうした加入を不要としていて初めから安価に加入をさせてくれる、子育てサポート割引を受ける際に書類を申請して書類の受理とかが必要ない、楽天モバイルのほうが断然手間というものがかからないので、ドコモは、言い方が悪いんですが、かなり手間がかかり、子育てサポート割引の申請書類の提示、そしてドコモのほかのサービスに加入してないと子育てサポート割引適応外になるなどのデメリットがあり、デメリット自体の把握も時間がかかるという難点があります。

というのも、ドコモは、他のサービスと連動して割引というのが多いので他にdカード支払いに加入してないといけないなど煩雑でドコモの他のサービスを利用してないといけないという制約があるのでデメリットでしかないでしょう。