母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

生活保護者受給者が就職すると祝い金はいくらもらえる?

生活保護の受給者が就職をする場合、就職のため衣服などが必要になったとき、その負担を国が肩代わりしてくれるのがお祝い金です。

国が実施している、生活保護を必要としている方が就職をした場合にもらえるの実際には支援金で、上限は3万2千円で就職をする際の費用として使用することになっています。

これを超えた場合、自費にて就職に必要な資金を捻出する必要があります。

派遣会社を通して就職をした場合においては祝い金がいくらかもらえることがありますが、基本的に生活保護を受けている方は、就職をしても派遣会社を通してもらえる祝い金しかもらうことはできず、国が支援するのはあくまで就職に必要な費用を一部3万2千円まで与えるというものです。

与えられた資金については、実は前に働いていた会社のお金を積み立てて資金に充てているため、これらのお金は、前の会社で働いていた際の費用から差し引きされて就職支援費用に充てられるため、返還義務はありません。

しかしながら、一度も働いたことがない人の場合も同様に返還義務が存在せず、3万2千円までを就職の費用に使用するお金とします。

また、就職支援が入り、無事に就職できた場合、生活保護は打ち切りとなりますので生活保護を受けつつ就職先からお金をもらうという2重どりは許されません。

そして、生活保護で受けた費用については就職が決まれば就職先の企業から引かれていきますので返還義務があります。

これを放棄した場合、刑法により違法となるので罰則が当てられます。

ちなみに、働いている企業のお給料が万が一、前にもらっていた性格保護費用よりも少ない場合、働きながらも生活保護を受けることが許されるという事態に当たるため、一応2重どりという形が許されます。

ただしこれは稀なことなので、よほど新しく働いている会社のお給料が悪くない限りは、生活の保護を受けたほうが良かったという流れにはならないでしょう。

さらに言えば、2重どり状態になると、保護費用の返済はできるかもしれないということになるため、ある程度働いた際にもらえるお金から保護費用を差し引くということにもなるため、微妙に2重どりをするとしんどい思いをすることが多いのです。

まとめますと、生活保護者が就職をした場合、祝い金はいくらも得るかについては、派遣企業がいくら当たり祝い金を出すかになり、国は祝い金というものは一切支払いません。

国が払うのは、就職を支援する費用になり、これらは、前に働いていた会社のお給料などから差し引きされてプールした物を使用するので返還義務はありません。そして、働きつつも生活の保護を受けていた時の方の生活資金のほうが多い場合、生活保護を受けつつ就職することが許されるので、一応お給料をもらいつつ、生活の保護を受け取れますが、これらは返還義務があります。

そのため、祝い金についてはおそらく5万円当たりを派遣企業から受け取ることができればそれでよしとなるでしょう。

もし派遣を通さずに就職をした場合、企業側はお祝いをする必要性はありませんから、従業員として雇い入れお祝い金というものは発生しないです。

ですので、お祝い金をたくさんもらおうと考えるのはまず難しく、もらえるお給料よりも多くもらえるということのほか、生活の保護を受ける際にもらえる資金よりも多くもらえるということもまずありえません。

なぜなら、就職が決まってからある程度働き次の職場に移行するを繰り返された場合、お祝い金で生活が十分できてしまうという事態になるため、お祝い金はあくまで生活保護費用よりも少ないのです。