母子家庭の支援制度と働き方

母子家庭の支援制度の解説と賢い働き方を考えます

ユーチューブの文字起こしはどこで仕事を探せる?収入はいくら見込める?

在宅ワークとして古くから人気のある「文字起こし」。最近では、テレビ以外にもユーチューブなどのさまざまな動画を配信・楽しめる手段が増えたため、ますます文字起こしの仕事に対する需要は高まっています。

そしてその中でも特に求人数が増えているのが、ゲーム実況や広告などの「ユーチューブ動画」の文字起こしの仕事です。

そこでここでは、今人気が高まっているユーチューブ動画の文字起こしの仕事を獲得する方法や収入としてどれくらい見込めるかを紹介します。

 

文字起こしの仕事は、クラウドソーシングや求人サイトを使えば、簡単に探せます。このうちクラウドソーシングは、初心者OKの簡単な案件から経験者限定、あるいは有識者限定の専門性の高い案件まで、さまざまな仕事の募集が常に上がっています。

そのため、初めてユーチューブの文字起こしにチャレンジするのにぴったりな方法です。一度文字起こしの仕事をやってみたいという人は、どこかのクラウドソーシングサイトにとりあえず登録してみるのがおすすめです。

登録したら「文字起こし」をキーワードに仕事を検索し、良さそうな案件に早速応募してみましょう。

なお、最初から難易度の高い仕事を請け負ってしまうとかなり大変な思いをする可能性が高いです。最初は単価が安くても、簡単なタスクから取り組んでみましょう。

また、パートやアルバイト、在宅ワークの求人サイトにも、文字起こしの募集が出ていることがあります。

ただ、クラウドソーシングから応募した場合に比べて単価が高めに設定されていることが多い分、経験やスキルが求められることが多いです。

また、Web完結で仕事を完了できることがほとんどなクラウドソーシングと違って、面接や打ち合わせのためにクライアントのもとに出向かなければならないことが多い点にも注意が必要です。

そのため、まずはクラウドソーシングサイトで経験を積み、より本格的に文字起こしで稼ぎたい。その段階での応募でないと、求人サイトでなかなか採用してもらえません。注意しましょう。

このように一概に文字起こしの仕事といっても、仕事に求められるスキルは多岐にわたります。そして、その求められるスキルに比例して、得られる収入も変わってきます。

一般的にクラウドソーシングサイトのほうが初心者でも仕事を獲得しやすい分だけ単価が低くなります。ただ、クラウドソーシングサイトのみで仕事を続けても、経験を詰めばそれが評価され、単価がアップすることもあります。

なお、文字起こしの仕事の給料は歩合制が一般的です、

具体的には、約1時間の音声の文字起こしのクラウドソーシングサイトでの相場は5,000円程。ただ、ここから更に2割程度のシステム利用料が引かれるので手取りは4,000円程です。

一方で、求人サイトで応募した場合の60分の音声の文字起こしの相場は10,000円から20,000円程と、クラウドソーシングサイト利用時の倍以上の高さになっています。

ただ、前述通りサイトで応募した場合、別途給料が発生しない打ち合わせなどが入ります。そして、60分の音声を起こすのに自分がどのくらい時間がかかるかで収入が決まります。

一般的には60分の音声の文字起こしにかかるのは、3から4時間と言われています。要は、時給1,000円から5,000円ほどの仕事のイメージです。

一方で、さらにスキルを磨けばより速く文字起こしができるようになり、収入増加が見込めます。

このように自分のスキルが上がれば上がるほど、より効率的に稼げるようになるところは、文字起こしの何よりの魅力です。

自分のスキル・稼ぎたい収入のバランスを考えた量の仕事を受注すれば、在宅でマイペースに安定した収入を見込めます。